ハンドメイドレザークラフト、Hoppendakkoの作家によるブログです。
新作紹介や最新ニュースをお届けします。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
papa歴7年、mama歴7年
 もうすぐリンが一年生。

早いな。







息子二人に娘一人。

毎日大変だけれど幸せだ。


最近のぼくらは
こんなことをしつつ(革封筒 15インチMacBook Pro入り)、



翌日からチビトラックをかりてスタッフのジャック君(今度紹介します)と荷物の搬出、お店にありがとうの気持ちを込めて掃除し、居抜きに近い状態で無事返還。よかった。

お店のものが我が家にドドッとやってきたのでてんやわんやだったけれど、弟子のツッチーとすなお君、ジャックに助けてもらってなんとか制作できる環境が少しづつ整ってきた。



二日後



片付けが進まず制作が遅れてしまっているので頑張らねば。



神棚の取り付けはここ。


そんななか子供達は‥‥

日曜朝のひと時



りんが僕よりも大きな積み木をくみ上げ、sotaがなぜかテンションMAX。




僕が所属している和装に合うものづくりをコンセプトに活動している着物コモノ連のミーティングにものすごく遅刻して到着したら



書道がはじまり、みんな素敵な文字や夢を書いていました。
今年の七月初旬から末まで着物コモノ市を開催しますので楽しみ!!まだ何にもアイデアが出てないから頑張らねば。


本日は久しぶりに子供たちと馬事公苑へ。



勇ましい、殿さまみたいにみえる。



バカ殿さま〜



こういう絵が撮りたかった!
ポニーの栗姫ちゃんに乗ったハンナ。可愛すぎる。



今日はスターバックスでキャラメルマキアートを頼んだら、身につけていたNaskaショルダーを「そのbagかわいいですね」と褒められた。
ものすごく恥ずかしくなったけれど、ロディアに万年筆でHoppendakkoと書いて渡しておいた。嬉しいんだけど恥ずかしい。

ここ最近のぼくらでした。

オーストラリアのマミー、元気にやってるからね〜!!
足腰鍛えて元気に帰ってきてね〜!

ndaba.





Hoppendakkoとは
Hoppe(ホッペタの意)とdakko(抱っこの意)を米粒接着剤でくつけて、ドイツ語もしくはオランダ語の発音をすることによりHoppendakko(ホッペンダッコ)となるのである。
Hは読まない?そんな細かいことを気にする必要はまったくないのである。


ぼくら夫婦でものづくりをし、喜んでもらえるようにラッピングをしてお渡しする。
今後はぼくらの意識を伝えた仲間も加わる。

お店がなくなり皆さんに気軽に来ていただける場所はなくなってしまいましたが、良いものづくりが出来る環境を現在作っています。自宅兼アトリエという形です。
僕らの夢は全部一緒、つまり自宅兼アトリエ兼shopを構えることです。夢を形にできるように一歩ずつ前に進んでいこうと思います。

今後の展開は今までどおりホームページやweblog、facebookでお伝えしますので楽しみにしていてください。アトリエづくりから楽しんでいますのでその様子も伝えたい!


Hoppendakkoを注目していてください!!
がんばるぞ〜!!



ndaba.

Hoppendakko* 山本浩一郎 由恵









明日で最後。
 いよいよ明日でお店も最後の営業日。

埋まってた窓あけたなぁ〜、前日の深夜に床のオイルを塗り込んだなぁ〜、棚板がOPEN当日の朝10時半くらいに到着して11時OPENだったのに14時OPENになったなぁ〜、など色々思い出します。

明日で梅丘のお店は最後ですが、僕らには一生の思い出がひとつできました。

良かったらちいさなHoppendakkoのお店に遊びにきてください。



最後の一週間
いよいよお店も最後の一週間です。

新作の紹介。



先日weblogにて制作途中の写真を載せましたtotebagの"yuem"(ユエム)。

yueにお誕生日プレゼントとして作ったとても思い入れのあるtote。
僕がはじめて作ったbagでもあります。
今回はチェコリネンで制作しました。程よい張りとリネンの風合いがとても気に入っている生地です。
鞄底を丈夫に作り底鋲も5つ取り付けてありますので、bagをどこに置いても平気です。




フランスのリネンを使用して鮮やかさと地中海の家屋の白かべをイメージしてこのようになりました。



先日ご紹介したすべて革でお作りしたyuembagを後日見せていただきました。
お使いいただきしなやかさもでてきて、黒い革ですが色つやが増してなんとも素敵な輝きをみせていました。

受注会では革とステッチの色、表と内張りともに革もしくは生地で仕立てる、ポケットの数や持ち手の長さなどお決めいただけます。

良かったら是非いらしてください。

*18時ぎりぎりのご来店ですと、子供達のお迎えに間に合わなくなってしまいますのでできれば早めのご来店をお願い致します。


ndaba.







Hoppendakko受注会のご案内
いよいよ19日(土)から26日(土)までHoppendakko受注会が始まります。
新作のBagやお財布、定番の小物やiPhoneケースなどが会期中はカスタムオーダー料金(定価の10%〜)をいただきません。
自分だけのオリジナルものが欲しい方、ぜひこの機会にいらしてください。

----------------------------------------------------------------------------------------
カスタムオーダーの内容はこんな感じです。

1. お好きな革(色)の組み合わせを選べます。
2. ステッチ(糸)の色を選べます。
3. ご希望があればBagの持ち手の長さなど好みの長さに変更できます。

その他別途料金かかりますが、持ち手のデザインやポケットの仕様などご希望があればカスタム可能です。
----------------------------------------------------------------------------------------

*お支払いはクレジットカードがお使いいただけます。その際はオーダー時に商品代金をまとめて前払いとさせていただきます。
現金でお支払いの方は、前金として商品代金の30%程お預かりして納品の際に残りの金額を指定口座にお振込いただきます。ご入金を確認後商品を郵送いたします。
商品代金の全額をその場でお支払いいただいても結構です。

----------------------------------------------------------------------------------------

*納品時期ですが、1〜3ヶ月程度を予定しています。
ギフトなどでご予定がある場合はできる限りご希望に添えるようにいたしますのでご相談ください。

梅ヶ丘店舗も今回の受注会をもってCloseとなりますので、オーダーする方もしない方もぜひ遊びにきてくださいね!!

本日の制作
 この時間は寒い。丑三つ時です。

sotaがインフルエンザにかかってしまった。辛そうだった。
もうすぐ治るけれど、皆にうつりませんように。

お話変わってずいぶん久しぶりに制作途中の写真を撮りました。



みたことのある方もいらっしゃるでしょう。
僕が生まれて初めて作ったbag。
今回は型紙を一から見直して制作しました。
角が良いRしてます。



先ほどのbagの内張り。
色鮮やかなフランスのリネン、春先にもってもらいたい。


もう完成していますが、今回受注会にだしますので良かったら見に来てください。


んだば。
梅ヶ丘のお店
 梅ヶ丘のお店は昨年12月25日に通常営業はcloseいたしました。

ちょうど丸3年。
楽しい思い出、大変な思い出といっぱい密度の濃い時間を過ごしました。
お客さまにこんなものが欲しいとご注文をいただき、型紙づくりでいっぱい悩んで色使いでいっぱい悩みました。
でも悩みぬいて作り上げた鞄やお財布や革小物たちは納品の時胸を張ってお渡しできたと思う。

これが僕の感じた3年間でした。


1月19日(土)〜26日(土)に梅ヶ丘のお店で最初で最後の受注会を行います。
作りたくて作りたくてしかたがなかったbagやお財布などの新作を中心にセミオーダーを承ります。詳細は少しづつweblogにupしていこうと思います。
革の色とステッチの色選び、持ち手やショルダーの長さ変更、ポケットを増やすなど受付させていただきます。楽しんでもらいたいのであえてこういった形にしようと思いました。
panino、iphone5kav'a、ほぼ日手帳カバーもカラーオーダー受け付けます。

最終日は現品お渡しも行います。

時間は12時〜18時
期間中、月曜日はお休み



僕らも楽しんで制作しています。
良かったらお店にいらしてください。



年末と新年の我が家
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。


昨年は30日まで制作を行い、へべれけになりながら大掃除を31日に行った。
こども達は小さいながらによく働いてくれたかなと思う。
それにしても掃除の仕方一つで性格が見えてくるね。



キャッキャ言いながら時折どこかへ遊びにいきながらまた掃除を楽しそうにする人たち。

続いて



自分が普段座って絵を描いたりご飯を食べる椅子を時間をじっくりかけてピカピカにしていくリン。でもこの作業に精魂尽き果ててしまいそのアトはあんまり役にたたなかったな。
なんだか僕をみているようで怖い、よく似てます。

その後綺麗に多少なったところでH家の方々が到着し、宴。
宴の写真はこれ一枚。



ローストビーフもピクルスも年越しそばも最高にうまかった。


いろいろありましたが年越しパーテーは楽しかった。
そしてsotaは夜中にH家へお泊まりにいきました、自由奔放な人だ。
H家の方々、ありがとう。
今年もいっぱい遊びましょうね。


お昼に帰ってきたsotaも含め、新年は概ねこんな感じ。



にぎやかでした。
pantsumarumie.


んだば。

手縫いのtotebag
こんばんは。

10年前はこの時間になるとお腹がすいて、瓶ビールとラーメンと時には餃子を食べにブーブーを走らせていたような‥‥かなりの頻度で。
でも今はお腹がすいても女性の軽食もしくはダイエット食なのか?春雨スープくらいがちょうどいい。少々早い気もするが胃腸が年齢を重ねた結果です。


お話かわりトートバッグです。



持ち手の位置、ちらっと見える鮮やかなボルドー色、底面がカチッとしているところが気に入ってます。



底鋲でしっかりbagの底を守ってくれています。



写真では伝わりきらないですがボルドーはとても良い色です。



ステッチはクロ×アカ。
この持ち手は手持ち用に作っているが少しだけ長さを変えている。
そうすることによって持った時にbagが綺麗に見える。

大変長らくお待たせしてしまいましたが、泣いて喜んでくれたのがとても印象に残りました。
Mamiちゃんありがとうございます。
これからも応援してください。


んだば。