ハンドメイドレザークラフト、Hoppendakkoの作家によるブログです。
新作紹介や最新ニュースをお届けします。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< やぁやぁやぁ | main | ほぼ日手帳とブックカバー >>
大切なお知らせ
 Hoppendakkoは2007年の4月、もしくは5月に僕がちょぴっと死んじゃいそうな病気になってしまった入院先で、「やりたい事をやって死のうと思う、それでもついてきてくれますか?」とyueに聞いて「やっちゃいなよ!!」ということで活動を始めました。

はじめの一年間は2ヶ月療養してから週3日制作と解体して革の勉強、週2〜3日出勤してたような。といってもリンも小さかったのでなかなか捗らなかったけれど。

2008年4月に力試しをしようと初めて展示販売会に出展。アートフリマでした。
思ったような制作ができずにがっくりしながら初日を迎えたような。
それでもご注文をいただいたりしてなかなか実りがあったなぁ。

2009年の10月にyueが店舗物件を探し始め、「まだ早いよ」なんて思ってたらあれよあれよとHoppendakkoのお店が決定し、注文制作をこなしながら12月には完成させようと内装をたくさんの方々の助言と力を貸していただいて12月24日にOPEN!


もう直き3年。

人からすればたったの3年と思われるかもしれないが、お店を開いたことで注文も増えて自分たちなりに忙しく思い、九州の方がわざわざ注文をしに来てくださったりお手紙のやりとりを2年くらいして制作した思い入れのある制作をしたり少しだけれど新作を世の中に発信したり展示会に出展したことを覚えてていただきお店にきていただいたり良いもの作りをしていて梅丘やお店に来てくださる方々に見せたいなと思う作家さんの作品を置かせていただいたり狭いながらにちょこっとずつお客さんが見やすいようにお店の内装を工夫してみたり、どうしても子供を連れてお店番をしなければいけない時に子供がお店番している横で眠っていたり。

思い起こすと良くない事もあったけれど、良い事の方が多すぎました。

今年の12月25日でお店を閉じることにしました。

色んな思いはありますし、一生懸命作ったお店を離れるのは本当に辛い。
でもHoppendakkoを成長させるために話し合って決めました。


僕らがしたいもの作りをするために。


僕もyueも作りたいものがいっぱいだ。
Hoppendakkoは今後も制作をしつづけてbagや革小物や靴も含めた服飾やインテリアなどの新作を作り、今まで作ってきた作品を見直して新しく作り直したり里帰りしてきた作品をお直ししながらもの作りを続けていき僕らは柄の悪い爺とかわいいおばあちゃんになっていくんだと思う。良い生き方だ。


梅丘のHoppendakkoのお店は最後のSALEをします。
期間は12月8日(土)〜12月25日(火)
open12時〜18時

出し惜しみはしないし、新作のbagも発表しますので良かったら是非いらしてください。



んだば。

Hoppe
こんにちは。
とうとうこの時が来たのですね。

思い入れのある物や空間と離れる辛さ、察してあまりあります。
本当に居心地のいいお店でした。

でも、ホッペ夫妻の門出でもあると思うので、「おめでとう」を言わせてくださいね。
期間中は絶対お店に遊びに行きます。
前もってメールしますね。
熊五郎 | 2012/11/23 10:27
こんにちは。
パソコンが少し前に壊れてしまい、アドレスを消失してしまったため、こちらから失礼します。

新しいかたちのホッペンダッコさんが誕生するのですね、楽しみです。
正直お店に伺いたかったので残念ではあるのですが、決断は大切ですよね、
来年は東京でお会いできたら嬉しいです。
その日までお互いがんばって制作していきましょう!
よろしくお願いします。
amasaki noboru rumi | 2012/11/24 15:23
熊五郎さん

いつも応援していただきありがとうございます。
わがままを貫き通して成長した形をお見せできるようにがんばりますので今後も見守ってくださいね。
今度お会いできる日を楽しみにしています。
hoppe | 2012/11/25 23:30
天崎ご夫妻へ

僕たちはお二人の制作にとっても影響を受けました。
お二人のようにかっこいいもの作り人になりたいと思います。
またいつか家族でお酒飲みましょうね。新しいお店にも顔出しに行きたいです。
hoppe | 2012/11/25 23:35
COMMENT