ハンドメイドレザークラフト、Hoppendakkoの作家によるブログです。
新作紹介や最新ニュースをお届けします。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< チョコ大好き。 | main | 本日より >>
カトラリ鳥さん
あれはたしか去年の春のこと。

三軒茶屋で行われた世田谷アートフリマに出展したのですが、いつもどおり遅刻気味。早く来て準備をし終えている出展者の方々はお客さんが入ってくる前に他の方たちの作品をみてまわる。
そう、僕にはできないこと。
毎度おなじみの朝のどたばた、寝る前は早めに行って三軒茶屋のスターバックスコーヒーでカフェモカのアイスのトールサイズを頼んでなどと目論んでいるのですが…。三回出展して一度もできていない。

お話が脱線してしまいました、なんとか戻ってきました。

アートフリマではいつも来てくださるお客様や初めての方など出会いが多いです。
愛している革たちの良さを皆様に伝えて一区切りついたので周りの方々の作品を見に行ったときにかわいらしいスプーンに出会ってしまったのです。

作家さんはカトラリ鳥という名で活動されている彫金作家さんです。主に使っている素材は僕の大好きな真鍮、銅、洋白というシルバーに近い色の金属を使ってフォークやスプーン等を作られています。

とにかく写真をみてください。



かわいいんですよ。
出会ってすぐに産まれたばかりの息子のご飯用に真鍮のアイススプーンを買っちゃいました。
子供にも使えて、だんだん使っているうちに経年変化してくるので
そうしたらレモン汁につけるかお酢で洗うと一番はじめのピッカピカな状態に戻るのです。
なにが良いって、素材を叩いて丁寧に磨いてあるその表情が一つ一つ違うのです。作家さんの気分で曲げられている持ち手のくるくるした感じが僕はたまらなく好きです。



んで、お店を出す予定もその時は全然なかったのに『お店ができたら是非置かせてください』と頼んじゃいました。一目惚れです。

お店ではまとまったオーダーも承っています。
ただ一点一点表情がちがうのでこの表情に近い作品を作って、などといってくだされば作っていただけます。

お値段は、アイススプーンの一番小さいのが1.000円、アイススプーンの大きいのとお魚の形をした茶さじが1.500円、その他のくるくるスプーンとくるくるフォークとストレートのプレーンフォーク、陶器ヘッドのスプーンは1.800円となります。

僕は昔からMyスプーンを持ち歩く習慣があります。
かわいいし、スプーンはご入用ですか?とコンビニエンスストアで聞かれても、『自分、これがありますから』っと言えますしね。
穴を開けてネックレスみたいにしても春先はかわいい。と僕は思うけど皆さんはどうですかね。

今カトラリさんに真鍮のバックルを作ってもらっています。
シンプルな形なんだけどカトラリさんの思うように叩いて表情をつけてもらえば絶対かわいいものが出来上がると思います。
んで春夏にベルトが出せたらいいなと考えています。

そのうちbag金具も作っていただけたらなと思っています。
叩いて出来たくぼみは経年変化によって陰影が出来てうちで使っている革たちにぴったりしっくりくるんじゃないかと。

楽しみです♪
COMMENT









Trackback URL
http://blog.hoppendakko.com/trackback/1321725
TRACKBACK