ハンドメイドレザークラフト、Hoppendakkoの作家によるブログです。
新作紹介や最新ニュースをお届けします。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
すげ〜
 先日いつも聞いているJ-waveで聞いたこと

一般の子供を持つ男性が一日に家事や育児に費やす平均時間は1時間程。
欧米の三分の一だそうで政府は改善せなと思ってるらしい。

夜中にその内容を思い出し、iphoneケースを仕上げながら自分のことを考えてみた。


・・・日に5時間はいってるな。余裕で。

ご注文がたまるわけだ。(お待ちの方申し訳ないです)


子供のパワーは本当にすごい!
人と比べるのはよくないと思うのだが、子供に比べて自分はじわじわ動けなくなってきている。

日に日にパワーを増していく彼ら、精一杯見続けよう。


生意気。

筋肉質で重い。いつまで持ち上げられることやら。

hannaの毎朝、毎晩の歯磨きは戦争。

毎日家ぐちゃぐちゃ。

それ俺の靴。

元気すぎ。

毎晩チューして寝る。

今日はsota多め。



んだば。
ボタンが好きだ!


綺麗な色だ。

コートや帽子につけたり、ストールに留めるとアクセントになるので重宝する。

ボタン屋になろうかな。


んだば。

Hoppe


papa歴7年、mama歴7年
 もうすぐリンが一年生。

早いな。







息子二人に娘一人。

毎日大変だけれど幸せだ。


モンゴルの友達
僕は友達が少ない。

いっぱいいるより良いと思ってる。


さっきシャンプーしている時にふと昔のことを思い出した。

モンゴルを旅していた時、ウランバートルで通訳してもらったり色んな所に連れていってもらったハスバートルを介して、彼の親友2人を紹介してもらい、その中にスッフボルトさんにがいた。運命の出会いだ。

スッフボルト、通称スッフェ。

スッフェは身長はそんなに高くはないけど、ちょっとポニョンっとした中に筋肉質のコアをもちモンゴル大学で哲学を学んだパッとみても人の良さそうなオーラがにじみ出た男だ。

つたない英語とジェスチャーでロックバンドのoasis(もう解散しちゃったけど)の話をしてリアムが好きだと話ながらウォッカのストレートを飲み、チェイサーにコカ・コーラが出てきてなんじゃこれとつっこんだり、ビールを頼んだら1リットルのどでか大ジョッキが出てきて一気飲みをしてたんだけど700mlくらいで僕はギブアップしたら残りを全部飲んでくれたり、大草原のど真ん中でモンゴル相撲を習って、30回くらい負けたけどウ○チ飛び出るんじゃないかと思うくらい気合いを入れて1回だけ勝った時にスッフェがものすごい笑顔をみせてくれたのをブワッと思い出した。

思い起こすと、あっちのタクシーはあいのり当たり前で車の外天井になにやら持ち手がついている。なんだこれは?と思っていたら先客がいてもう人が入るスペースないし乗れないから上に乗れと言われジャッキー・チェンの映画のように車の外天井にしがみついて運ちゃんの粗い運転に腕をぷるぷるさせてなにやらおかしくて笑いながら必死にくらいついていたな。もう6年か7年前だからそんなタクシーないかもしれないけど最高だった。

日本に帰る日の前夜にまた4人で集まり、ウランバートルの街でモンゴル名物ボーズ(肉汁がうまい小龍包に似てる、でもでかい)が一番うまい店に連れていかれ、なんだか悲しい寂しい気持ちで皆でウォッカを飲んでたな。ボーズがうまくておかわりしに行った時に、ほろ酔いの僕がエアコンに当たってしまったらしくエアコンのカバーしてるパーツがとれてしまい新しいできたてのボーズをテーブルに置いてから直しに行こうと思った矢先、兵隊の格好した傭兵(夜は治安が悪いからどうやら店が雇うらしい)に胸ぐらをグイッと掴まれて後ろにボンと投げ飛ばされなにやらモンゴル語でまくしたてられ、僕は少々パニックになりながらジェスチャーでサッカー日本代表の本田が今のがファール?と訴えるお手上げポーズをとっていたら
横からスッフェがすごい形相で傭兵に殴り掛かり、もう一人の傭兵もやってきて4対2で乱闘騒ぎ。
殴られるのは痛いけど楽しかったなぁ。なにより心意気が嬉しかった。男に産まれてよかったとも思った。

僕らは深い絆を得てきっと本当の友達になったと思う。

モンゴルの友達スッフェ、彼は今何をしているのだろうか?
また一緒にお酒を飲みたいな。


んだば。
ベタベタが嫌い
 子どもたちとご飯を食べたそのあとのテーブルを拭くとかそういった時のベタベタではない。



僕が昔っから嫌いなのはアイスとか甘いものが手についたり顔についたりして放置するのが嫌。
その昔チャリ弐ケツしていて(タイヤのスポークが壊れるからやめた方が良い)後ろの人からソフトクリームを顔にべちゃっとされた時には大いに憤怒したものだ。
近場に洗える場所があればいいけど嫌なものは嫌。

しかしこの状況はもっと



納豆巻きのベタベタ、これに勝る気持ち悪さはすぐには思いつかない。
子どものウンチを素手でキャッチしたときの方がまだ‥‥‥どっちも嫌。


お話変わって、東急の屋上のこども広場。





ともに後ろはヒカリエ。
ヒカリエ、どうしてこの名前にしたのだろうか。

僕らはたまにここに遊びにきますが来年3月でなくなるようです。ちょっと悲しい。


ちゃんと仕事もしてます。



yue作、娘のハンナから名前をとったHannaのセミオーダー。



良い色の組み合わせです!
素敵な写真と嬉しいメールをいただきありがとうございます。
元気な赤ちゃんが産まれてきますように。
Nさん、ありがとうございます。


んだば。

Hoppe
山ごもり
良い休みをとりました。
携帯電話の電波の届かないところは最高に気持ちいい。



行く前の日の子ども達。
にわかには信じがたい気持ちでしたが、くるならサングラスを持って来た方がいいと言われたのでこんな感じになりました。はんながとっても嫌がっている。



鯉のぼりに雪景色、オツなもんです。
yueのはしゃぎっぷりったら。



おとっつぁんのお家にご厄介になりましたが、白樺とミズナラに囲まれてとっても気持ちの良い景色と空気。良いところです。



五月なのに雪遊び。かまくらもおとっつぁんと作りました。



狂ったように駆け回り、滑り降りるリン。よりスリルのあることを模索してはすっころんでました。sotaは普段度胸がすわっているのに手に雪がつくと冷たすぎて大泣き。ソリしてても3回くらい滑走したらかわいい声で「もういいんじゃない!?」とか弱音をはいてました。



山菜採り。
ふきのとうの天ぷら、味噌和えしてご飯に。

yueとsotaが多く取りすぎてしまった為に沢山食べました。
ここでご忠告。
山菜は少量の方がありがたみもあって美味しく食べれるよ。いっぱいあればいいわけではないらしい。この旅のひとつの教訓です。



山菜採りのあと、yueと子ども達に置いてかれました。
写真は見えにくいですが笑いながら運転するyue。



子どもたちの寝静まった大人の時間。

おとっつぁんに新しいお酒の飲み方を教わったり、作りたいbagの話や革の歴史の話、色んなことをゆったりお酒を飲みながら話せて毎晩楽しかった。


今回の旅でもsotaは色んなことをしてくれました。
雪解け水のあふれる溝に落ちるシーン。落ちそうだなぁと思ったのでカメラでかまえていたら‥‥







そのあとの開き直りの変顔。
伸び伸びしていて清々しいね。このやろう。



今回お世話になりまくったおとっつぁん(出会った頃はジャン・レノそっくり)。
三食ほとんど作っていただきました。yueも楽できたから感謝感謝です。
リンも料理を習ってました。良い勉強ができた。


写真はリンと動物探しの散歩。



ここいらは熊がよく出没するらしいので警戒心をもちつつ鹿を探しました。
ウサギのウンチや鹿のウンチはよく見つかるけどなかなか出会えず。

今回の旅で見つけた動物はニホンザル、アカゲラ、キツネ。キツネは厳しい冬で食べ物がなかったのかやせていたけど見れてラッキーでした。
鹿の鳴き声はするけどみれなかったなぁ。
おとっつぁんは明け方翼を広げると1mくらいあるフクロウをみたそうです。


奥志賀、空気が澄んでて最高に良いところだった。
今度は夏に行きたい。

よぉ〜し、充電完了!!


んだば。


Hoppe


追伸

ハンナがボインちゃんになりました。
それに群がる男たち。



お馬鹿なやつらです。


んだば。
今後作りたいもの
 Bagと絵とパンみたいなお財布です。

以前作ったKLEEシリーズのひとつ。



革は面白いもので色んな形に作ることができるし陰影も立体も作家の想像と地道な作業次第。
僕は前から革で絵を描きたかった。今年は100×100cmとは言わないけどA4サイズくらいからちょっとずつ作っていこうと思う。
このKLEEシリーズもそうだけれど、大好きな革を無駄にしたくないので新たに絵の為に革を切り出すことはしない。この絵はお財布やbag、小物たちを作った時にできる端材ですべて作ろうと思う。ちいさなちょっとした革もこんなにかっこよくなるんだということと、経年変化による『育つ絵』を完成させようと思う。

オーダーメイドや定番品をいっぱい作っているので端材はずいぶん貯まりました。あとは時間だ。なんとかしましょ。


春夏に使ってもらいたい生地×革のちょっと大きめなbagに絵を描こうと思う。
といっても絵を描くのも文字を書くのもへたくそだけど描きたいものがあるので気持ちで描き
きってやろうかと思う。テーマは『動物と』です。あとは時間です。ま、なんとかしましょ。


パンみたいなお財布『チャバタ』。
これに関しては3年前からずっと作りたくて、でも思い浮かばなくて、うっすら思い浮かんでもなんだか思い描いたものと違ったりして、やっと絵は完成して、今年こそは表面はパリッと中はバターたっぷり含んだしっとりな感じに焼き上げようかと思う。

他にも作りたいものはたくさんあるのだけれど今回は眠いのでここまで。

Sota君の昔の写真をKLEEの写真を探しているときに発見しました。



ハンナにも似ているけどもうちょっとやさしく目がトロンとしているSota。

癒された。


んだば寝る。

Hoppe


ありがたや
 今日はお店に営業時間中ず〜っとお客さまがいました。お話できなかったお客様もいて申し訳なかったなとおもいつつ嬉しいかぎりです。

あといつもお世話になっている方々、ご来店いただきありがとうございます。
いつも本当に感謝しています。

bookカバーのkafkaもsweetsシリーズのかじったクッキーも一生使えると思います。経年変化を楽しんでいっぱい使ってやってください。

いつも来てくれるHさんもありがとうございます。二つ折財布楽しみにしていてください。



さっ、仕事にもどろ。


写真はお店にあるポーチのL'amica(ラミーカ)ちゃん。



ふっくらしててかわいい。


んだば。


cacaさん
 久しぶりの更新です。

12月10日〜28日(日月休み 11時〜17時open)のHoppendakko 2th Anniversary Thanks Saleとともに知り合いの作家さんのcacaさんに作品をおいてもらってます。



いたずら君の新しい子たちです。
前のバージョンを購入してハンナにあげたらとても喜んで遊んでいます。
やわらかいしブンブン振ると音がなるので子どもは大好きですね。



ウサギといぬのこども用bagです。
ハンナが大きくなったら持たせてお出かけしたい。



時計。
cacaさんの作品はついついこどもに買いたくなっちゃいます。



くまっち。
かわいいやつです。

cacaさんの作品は写真以外にもあり、年内Hoppendakkoのお店で販売してます。
よかったら見に来て下さい。プレゼントにも良い!!


お店での一コマ。



ハンナ、ハンマーで美錠抜きデビュー。
ハンナにまかせてたら僕の指はボロボロです。


んだば。
sotaの誕生日
 放射冷却で寒くなってきました。でも星は綺麗だ。

sotaも3歳になりました。
かわいいやつです。



sotaはどこに行っても目の離せないやんちゃ坊主です。
こっちがちゃんと見てないとあぶなっかしくて、次男坊だからか自由奔放人間です。

でもお誕生日会を終えて夜9時をまわると‥‥



勝手に寝ます。全力で遊んでぷつんって糸がきれるみたいに眠りに落ちます。
おしゃべりなsota、今後も自由奔放に生きて欲しい。

かわいいやつです。

んだば。