ハンドメイドレザークラフト、Hoppendakkoの作家によるブログです。
新作紹介や最新ニュースをお届けします。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
本日の制作
 この時間は寒い。丑三つ時です。

sotaがインフルエンザにかかってしまった。辛そうだった。
もうすぐ治るけれど、皆にうつりませんように。

お話変わってずいぶん久しぶりに制作途中の写真を撮りました。



みたことのある方もいらっしゃるでしょう。
僕が生まれて初めて作ったbag。
今回は型紙を一から見直して制作しました。
角が良いRしてます。



先ほどのbagの内張り。
色鮮やかなフランスのリネン、春先にもってもらいたい。


もう完成していますが、今回受注会にだしますので良かったら見に来てください。


んだば。
手縫いのtotebag
こんばんは。

10年前はこの時間になるとお腹がすいて、瓶ビールとラーメンと時には餃子を食べにブーブーを走らせていたような‥‥かなりの頻度で。
でも今はお腹がすいても女性の軽食もしくはダイエット食なのか?春雨スープくらいがちょうどいい。少々早い気もするが胃腸が年齢を重ねた結果です。


お話かわりトートバッグです。



持ち手の位置、ちらっと見える鮮やかなボルドー色、底面がカチッとしているところが気に入ってます。



底鋲でしっかりbagの底を守ってくれています。



写真では伝わりきらないですがボルドーはとても良い色です。



ステッチはクロ×アカ。
この持ち手は手持ち用に作っているが少しだけ長さを変えている。
そうすることによって持った時にbagが綺麗に見える。

大変長らくお待たせしてしまいましたが、泣いて喜んでくれたのがとても印象に残りました。
Mamiちゃんありがとうございます。
これからも応援してください。


んだば。
新作バッグ、TafukoとTafuo。
まだまだ暑い日が続きますが、皆さん夏バテなどしてないですか?

今日は新作のバッグをyueがこの場を借りてご紹介したいと思います。

名前はTafukoちゃんとTafuo君。
名前の通りとっても丈夫なお嬢と男子です。



横長のカワイコちゃんがTafukoちゃん、がっちり男子がTafuo君。
写真のTafukoは栃木レザーのオイルバゲッタ、Tafuoはミネルバ・リスシオ(グリージオ)を採用。どちらも上質なタンニン鞣し(ヌメ革)の革で漉かずにそのままの厚みで仕上げました。なかなかのボリューム感で革好きにはたまらないと思います。

この二人のテーマは上質なヌメ革、革本来の魅力を引き出す無駄のないデザイン、丈夫な作り、潔さ!です。
しかも贅沢に一枚革をひとつのパーツで仕上げているのです。
もちろんすべて手縫いなので丈夫じゃないはずがありません。
革の経年変化を楽しみながらずっと長くお使いいただけるBagなのです。
たとえ糸がほつれても、作りがシンプルなので修理もしやすいし、お直しに出していただければ本当になが〜くご愛用いただけます。



それともうひとつ、実はなで肩さんにうれしい工夫が施されたバッグなのです。
イタリアのしっかりした男前の革マレンマを洗いにかけ縦と横にしわを出し、
独特の存在感と革の風合い、肩から滑りにくくなるように加工。
そして今回初めての試みなのですが、肩ひもの長さを前と後ろとで微妙に調整しています。
前の長さを若干短くすることでより方にフィットしやすく滑り落ちにくくなっているのです。
これはありそうでなかなかない工夫かと思います。

バッグの留め具も主張しすぎずさり気ない可愛さをイメージしました。

TafukoちゃんとTafuo君は今後Hoppendakkoの定番商品として作り続けるのではないかと思います。

後日webshopにも詳細を思いますのでチェックしてみてください。


Tafuko
サイズ:w 470mm, h 200, d(マチ)130mm (本体のみのサイズです)
価格:(オイルバケッタ)税込36,750yen/(ミネルバ・リスシオ)税込42,000yen

Tafuo
サイズ:w 470mm, h 340mm, d(マチ)130mm (本体のみのサイズです)
価格:(オイルバケッタ)税込52,500yen/(ミネルバ・リスシオ)税込63,000yen

※カラーバリエーション(変更になるかもしれません)

<オイルバケッタ2色>
キャメル、赤茶(写真のもの)

<ミネルバ・リスシオ>
グリージオ(写真のもの)、ボーネ(生成)、ナポリ(黄)、R.アンティコ(ローズ)、オルテンシア(青)、オリーバ(渋緑)、プルーニャ(紫)、コニャック、カスターニョ(赤みの抜いた焦茶)

UNA
 寒いです。

ちょこちょこweblogに載せてますが僕の原点のようなbagを作りました。



名前はUNA(ウナ)です。
物作りを直接教わったわけではないけれど僕に影響をいっぱい与えてくれたおばあちゃんの名からとりました。



大きさは縦38cm、幅48cm、マチ20cmくらいとなかなかの大きさです。



後ろはこんな感じ。
写真を取り忘れましたが、内装はポッケ大が1つとファスナーポッケ大が1つです。イエローの革が中身を見やすくし、入れたものが取りやすいです。



アンティークビーズと一目みて惚れた琥珀をbagの留めに使いました。
僕がゆえのために作った一番最初のbagと同じ縫い方をした持ち手、ボタン縫いと勝ってに呼んでます。



革で作った底鋲。
内縫いした部分はにんまりしているように見えるからハニカミ構造と呼んでいます。
bag作りをしている人からみればこの一見無駄そうなハニカミはとっても重要で、これがあるないで随分やわらかい印象を与えてくれます。

ミネルバナッパの一枚革を半分以上使うとっても贅沢なbagです。

良い。

使い込むと持ち手も本体もやわらかく、くた〜って感じになりながら程よい張り感が残り味がでてくるんだろうなと思います。

価格は90,300yenです。


最近つくったもの
名前はcoccoといいます。





coccoを作るとき、僕はその革の色とステッチに合わせたアンティークビーズを仕入れにいきます。



アンティークビーズは古いものだと紀元前、僕が主に使うものは1600年代のトレードビーズといってヴェネチアのガラス職人たちがアフリカとの交易のために作ったものです。



巡り巡ってHoppendakkoに来て新しい形で使うことにより、coccoにより深みが増すように作っていて感じます。


アクセントに革とは別の素材を使うと格段にかっこよくなることを知り、今後も革と異素材を使ってかっこよいものを作りたいと思います。

たのしいな〜。

んだば。
大きなtotebag。
 合間をみてコツコツ作ってます。

結構大きなbagです。

早く完成させたいな〜。

ちょびっとハニカミ構造にしよっかなぁ。



だば。
Capri
大きなCapriを作ってほしいとのご依頼があり作りました。



通常のCapriは手に持ってお出かけしてもらうのがコンセプトで作りましたが、今回作ったのは肘やぎりぎり肩までかけられるかなという感じで持ち手の長さを調整しました。



縦横とも5cmくらいは大きいです。
もちろんマチもその分大きくなるのでbagの内容量はけっこう増えたんじゃないかと。



フミエ殿、なが〜くお待たせしてごめんなさい。
いっぱい使ってね〜。

んだば。


Mamy’sバッグ
 僕のMamy(通称ナナ)が作った初めての革bag。

はじめは小物作りをして基礎を覚えてもらい、少しづつ作るものを大きくしてbagを作った次第。菱目で穴あけして縫う、縫い始末、コバ磨きを一応教えました。
本人曰く裁断がとっても難しいそうです。
でも殆ど僕が裁断しているので今後は自分でやってほしいです。



とてもシンプルで使いやすいと思います。
25cm×26cm、マチが10cmくらいだったような。



彼女はかわいい刺繍が好きなようで、内ポッケにお花が咲きました。



持つとこんな感じ。


お店にも置いてあるので良かったらみてください。

んだば。

奥様のお仕事

思えば今年の始め頃から本格的に一緒にお仕事をし始め、幾度となく制作で僕に怒られ、幾度となく喧嘩して、私生活では『ヒーターの前で寝ないでって何度言わせるの(怒)』ってよく怒られ、『またこんな所で寝て、床で寝ないでって言ってるでしょ』とあきれられ、‥‥‥そんな彼女も気づけば良い仕事をするようになりました。

感性で制作をする彼女は色の組み合わせで殆ど悩みません。うらやましい。

今回ご注文でお作りしたbag、お店にみに来ていただいたお客様からセミオーダーをいただきました。



バタラッシ社のミネルバボックスレザーのオルテンシア(青)、ワルピエ社のマレンマ(茶)で制作。



マチもけっこうあるのでお荷物いっぱいいれられそうです。



アンティークビーズと革ひも、あとうちのロゴ。革の色や全体の形に合わせて毎回ビーズたちの組み合わせは違います。感性で作っているのでその時一番良いものを選んで作っていそうです。タッセルの時もあったなぁ。



写真撮っといてと言われたので、自分に向けて撮りました。モデル178cm。


セミオーダーもお受けしております。
本体部分はやわらかい革の10色ほどから選んでいただけます。


ちなみに店頭にも色違いがありますので良かったら見に来てください。


んだば。



ニュアンス違い。
JUGEMテーマ:仕事のこと
 
Capriバッグのニュアンスを変えてみました。
僕は今現在非常に気に入っております。

ファスナーポッケの中の色はお店に来て確かめてください。
楽しんで使っていただけるんじゃないかと。









ちなみにおしみなくSale対象品でござります。